« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

常識なのに!大人も実は知らない

常識なのに!大人も実は知らない小学社会科のギモン

を読んで

なんとなくはわかっていたけれどってものがたくさんでした

一番は東京は埋め立てで、新橋あたりがとは知っていたのですが

旧地図にて日比谷入江で海だったのが衝撃でしたね

お勉強になりました(*^-^*)

猫はわかっている

猫はわかっている

を読んで

短編小説で7名の作者

村上・有栖川・阿部・長岡・カツセ・島津・望月

で7作品あります

まあ、それぞれって感じです

相沢 invert

相沢 沙呼

invert  -城塚翡翠倒叙集-

を読んで

短編集で

どれも面白かったです

次回も期待

 

(*'▽')u

スターバックス® プレミアム ミックス

なめらか ソイ ラテ 

香ばしい オーツ ラテ 

カフェ モカ 

の3種をモラタメさんでお試し

お湯をすすぐだけで

簡単にできるラテが嬉しいです( *´艸`)

甘すぎずホッとする美味しさです~u(*´▽`*)

休憩に頂いて癒されてます♬

 

 

 

 

神様の罠

神様の罠を読んで

辻村 乾 米澤 芦沢 大山 有栖川

6名のアンソロジー

それぞれ、各作者の味があり、面白かった

\(#^0^#)/

年末年始に向けて

冷蔵庫に沢山物を詰め込みそうなのでと

モラタメさんで

ノンスメル 冷蔵庫用 抗菌+防カビ剤

をお試し

冷蔵庫をきれいに拭きあげて

ノンスメルをセットしました

コンパクトで場所をとりません‼

10日も冷蔵庫に置くと

カビてくるお餅が今回はカビずに

美味しく頂き終えました(≧▽≦)

冷蔵庫の中って

結構いろんな食材のにおいがしたんだ(@_@)

と、思うくらいにおいがしません( *´艸`)

とても良いものに出会えました(^^♪

 

東野  犯人のいない

東野圭吾

犯人のいない殺人の夜

を読んで

短編集でそれぞれに

読み応えありました

でも、もやもやっとする~

いつ何時

押し付けられる罠的な要素を

怖く感じました

 

雫井 検察側の

雫井 脩介

検察側の罪人 

を読んで

事項になった事件の

犯人を許せないから

きっとこの人が

今回の罪で罰を受けさせるんだろうと

そうさせるためにはと動いているさまが

何だか苦しい

捕まえさせてあげたいけど

時効の壁で

超えてはいけない方向へ進む

やりきれない・・・

中山 ヒポクラテスの 4

中山七里

ヒポクラテスの悔恨 4

を読んで

前回中山先生の作品で

もやもやで終えたので

気分変えてこちらの作品を読む

教授への過去の恨みをひきずりの・・・

でしたね

恨みって言いながら単なる殺人鬼だよね

先生が見抜くのが良かったです

 

 

中山 嗤う  3

中山七里

嗤う淑女二人 (嗤う第3弾)

読んで

各シリーズの方が出るのは面白い

でも内容が怖すぎる

テロ的な犯行には

通りかがりの場合本当に防げない

本当にいい迷惑と

もやもやしながら読む

で、最後

え~そうなの

なんだか もやもやのまま

あ~次の作品に行きま~す

 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ